• 耐震補強リフォーム

    現在、かかせない耐震補強リフォーム

    前は社会問題にまでなってしまった住宅の耐震強度ですが、今は法の整備がちゃんとしてきたので、 数年の新築物件では、問題はないでしょう。 ですが、問題が表面化する前に建てられた物件では、疑問視されている場所が多くあるでしょう。 なので、家の耐震強度を調査し、問題があるならば耐震補強を、といった依頼が増加しています。

    こういった耐震補強も、住宅リフォームの一環と言えるでしょう。 ですが、耐震補強は何種類もあるので、最初は今の住宅の耐震強度を調査してもらって、 問題がある箇所を調べるところから開始する必要があるのです。

    補強工事の種類は、実際「地盤補強」、「基礎補強」、「柱脚補強」、「壁補強」、「接合部強化」、 「屋根の軽量化」の6つに分かれます。
    それは、どれか1つのみ行うとは限られてなくて、 問題が起こった点を全てリフォームを行わなければ、地震の時の不安が出てしまいます。 地盤補強は、住宅がたっている土地を固める必要もありますが、コスト面を考えたら現実的では言い難いのが現実でしょう。 住宅を建てる時にする事は出来ますが、やっぱりコスト面での負担が大きいので、なるべく軟弱な土地に 家を建てないようにしましょう。

    基礎補強は、基礎に問題がある場合、打ち増しやコンクリートを有筋化するといった方法を行います。 基礎にヒビが入っているといった問題であれば、弱い地震でも倒れてしまうので、絶対にする必要があります。 柱や壁も、経過年数と同時に傷んでしまいますが、前に大きい地震があった時はもっと傷んでいるのです。 柱や壁が壊れると大変なので、これも優先的に行う必要があります。接合部は、地震の時の負荷がかかってしまい、 壊れやすい場所となっています。ここが壊れてしまったら家が傾く危険性があるので、補強が必要です。

    耐震補強リフォーム
メインコンテンツ

防犯対策のリフォーム


今、個人の住宅をターゲットの空き巣事件は減ってきているようです。 こういった子とは、ピッキング技術があがっているのに対して、防犯対策があがったからでしょう。 不況なので、空き巣を行う人の数は増加してもおかしくない中で被害件数が 減っているのは、人々の防犯の意識の工場が関係しているのかもしれません。


このような流れは、防犯対策のリフォームの依頼件が増加していることにもなります。 更に、ピッキングはいつも技術が進化しているので、そういった対策も定期的にする必要があって、 依頼件数の増加につながっているようです。 防犯リフォームは、ピッキング対策と、ガラス対策がとても大切となって居ます。


ピッキング対策の時、家の鍵全部を入れ替える必要があるのですが、コスト面はあまり大きな金額にはならず、 防犯対策にはとても効果的でしょう 住宅の防犯リフォームで注意しなければならないのは、一戸建ての時は玄関のみに鍵を変更しても意味がないのです。 マンションであれば問題ないと思いますが、一戸建てだと絶対玄関以外からの侵入されることがあるでしょう。


なので、全部の鍵を変更する必要があるのです。更に、一軒家ではの防犯に有効なガラス対策も同じでしょう。 強化ガラスに変えて割られないようにしても、一箇所でも通常のガラスがあるなら、そこを割り進入される危険性があります。 このような防犯対策は、徹底する事が大切です。手を抜き後悔しないよう、隅々までリフォームをしましょう。