• マンションのリフォーム

    マンションのリフォームは許可が必要

    マンションは、マンション特有の権利関係で、管理運営での決めた区分所有法と、その法律を基にした管理規約で、 リフォームで関連して、その可否や手順、手続きが他に、決められています。 ここで、リフォームを思いついたら最初に、リフォームが出来る場所や管理規約をチェックする事、 更に、その時に家族と話し合う必要がある事を、紹介します。

    家には、リフォームが可能な場所と、不可能な場所があります。 専有部分と共有部分についてですが、 区分所有法は区分所有者、各住戸をご所有の人の区分所有権の対象は、 そうなっているのは「占有部分」といいので、その部屋の内側を意味します。 それ以外での、マンションの区分所有者全員で扱い部分を「共有部分」というのです。

    知っていますか?リフォームが出来る場所と出来ない場所は、区分所有法上、 最初に専有部分となっています。更に、少しみたらそれぞれの住まいの一部と思われているバルコニー、ルーフバルコニー、 窓、玄関ドアは共用部分なので、個人で勝手に工事歯不可能です。届け出や承認がいるのです。管理規約をチェックしてください。

    マンションのリフォーム
メインコンテンツ

リフォームの制限


手を入れられないものもあります。コンクリート作成された柱、戸境壁、梁、床スラブといった、 建物の基本構造躯体となった場所に、手は加えられません。更に、建物の構造でリフォームが可能かそうじゃないか決まります。 設備容量による制限は、マンションならば、ガス、電気、ネットのインフラでは、 専有部分に引き込まれる最中に、共用部分の設備があるのです。


なので、専有部分で容量をあげようと思っても、共用部分で、配管サイズ、供給能力の関係で使える機種、 容量が制限されているケースがあります。いうなら、ガス器具からIHクッキングヒーターへ変えるなど、 床暖房の設備、給油システムを変えると言ったことを、考えている時は、 管理組合や管理会社へ連絡し て確認する必要があります。給油システム自体を変える場合はこのように前もって管理組合等への連絡が必要になりますので、 この点を覚えておく必要があります。