• 戸建ての場合のリフォームは構造により面倒なこともあります

    戸建ての場合のリフォームの注意点ですが、建物の構造により可能な事が異なります。 戸建て住宅は、建物の構造で、可能な事、不可能な事があるのです。建物の耐用年数は、メンテナンス、使用材料により異なるので、 築年数のみでは判断できかねます。更に、戸建て住宅であれば、建築基準法、地域での、決め事、建築協定、 色々な規制がかかってしまうケースがあります。

    例を挙げれば、、防火地域となれば、本当に少しの増築であっても、確認の申請をしなければならないなど、 構造のみではなく、地域で異なった点があるのです。リフォーム会社といったものを通して、 思い描いたリフォームが可能となっているのか、早期の段階で調べることにより、リフォーム後の家を想像することが 可能となって居ます。

    こういった、戸建てのリフォームの、可能な点、不可能な点、メリット、デメリットを考えた上で、 家族などと話し合って、冷静な判断を下す必要がリフォームには、あるようですね。 こういった事を知りたいのであれば、直接業者に聞くことも大切ですが、ネットで下見として調べておくのも効果的だと、 いえるかもしれませんね。

    戸建ての場合のリフォーム
メインコンテンツ

リフォームの前に確認したい事


リフォームでは、水まわりの変更があると思います。 具体的にいうなら、キッチン、トイレ、バスルームといった、水まわりに当てはまるリフォームは、 マンションの場合と、比べて、多少の自由があるのではないでしょうか。場所の変更、2階への設置も、行えるので嬉しいですね。 ですが、浴室の2階への設置となれば、補強がある場合のみしか行えません。


更に、電気設備の変更ですが、IHクッキングヒーターや食器洗い乾燥機、エアコンといった、 電気容量が大きい機器を使う時に、幹線という引き込み線を作る事が出来ます。 そして、間取りの変更ですが、柱、梁で支える木造軸組工法や鉄骨系、コンクリート系の工法の間取りを変えるのは、 自由に行えますが、壁全体で支える木質系やコンクリート系、であったら、間取り変更に制限がかかるでしょう。


機能、耐震、断熱といった家自体の機能を向上させるリフォームが可能です。 部分的な 耐震補強するのか、家の補強をするのか、専門的な調査をしなければなんともい えないところです。 また、施主支給は工事会社に確認が必要となって いて、今多くあるのが、 施主が通販で設備や建材をかって、リフォーム 会社に渡す、施主支給です。渡された設備での建材は、工事費が必要で、 かみ合わず接続や扱えないことがあります。簡単に部分リフォームといっても このように専門調査が必要なケースも多々あるのです。

リフォームの前に確認したい事