• 改装

    何故改装は費用が少なくて済むのか

    改装は、住宅リフォームの中で2番目に小さい規模です。なので、費用面の心配はそこまでしなくていいでしょう。 通常の改装は、壁紙の張替え、外壁の取替え、床材の変更、襖や障子の設置といったことでしょうか。 こういったように、改築は大規模な工事をする訳ではなく、内装、外装を変える事が基本となって居ます。 改装の定義では、今ある壁、柱を構造体は同じで保存した上で取り掛かるリフォーム全般をさします。

    なので、構造を扱うような工事は改装はしません。 部屋の面積を広くするなど、間取りを変更するなど、収納を追加するといった事は、改築ではありません。 住宅リフォームでは、改装は比較的簡単に可能です。多いのは、壁や外壁の塗装でしょう。 これは、一軒家は壁の汚れや傷みにより、外からの印象にとても影響があります。

    反対に言うなら、壁が綺麗な家なら、築年数の割にかなりきれいに見られるでしょう。 なので、傷んだ部分の塗装により見栄えがきれいになるように工夫するのです。 リフォームは、安価で住宅を輝かせるといった事が求められるのです。

    建て替える必要はなく、今ある住宅を輝かせる事で新築のようにするといったリフォームが、今の時代に大切です。 そういった意味では、改装は今の流行にあったリフォームの方法でしょう。 もしも家を綺麗にしたい時には、改装が1番コストがかからないでしょう。やはりみなさんが一番気になる部分と いえば、コストになるでしょう。ですので、この方法が今の時代に一番合っているといえるのです。

    改装
メインコンテンツ

続き


改築は、住宅リフォームの概念なのかもしれません。基本のリフォームのイメージに1番近いのが、こういった改築なのではないでしょうか。 改築は、建築物の床面積を変えない程度に、建物の構造を変こする工事をするリフォームとなります。 例を挙げれば、1つの部屋を広くし、その分他の部屋を狭くしたり無くしたり必要があるのが、改築の部類に入っているでしょう。 2階にある部屋を2部屋から1部屋にし、1部屋を2部屋分の広さにするといった場合にするのが改築となります。


他にも、収納を作成したり、クローゼットをつけたりする場合も改築が行われます。 改築は、床面積はその状態なので、家の構造を変えるという意味合いのリフォームなのではないでしょうか。 リビングを広くする時には、他のどこかの空間がリビングに吸収される事もあります。


更に、部屋割りを変更する、トイレの位置を変える事も、改築により工事がされています。 改築の時、内容にとりは大きな費用が必要かもしれません。家全体を改造するといった大工事になる事も多いでしょう。 家は、ただそこに部屋があるのみでなく、配線や排水を考えて建てられているので、


部屋を動かす時にはそういったものも作り直しといった形になります。なので、コストも時間もとてもかかります。 住宅の改築をする時は、目的をちゃんと持っている事が大切です。修理、改装と異なり、改築は家を手術する みたいなものです。 ちゃんと目的を持った上で依頼を行わなければ、後悔するケースがおおいでしょう。 ですので、業者任せにするのではなく、しっかりと依頼主が知識をもって、業者に指示する必要があるのです。 業者も何も言われなかったら、何をどうして良いのかわかりませんので、無駄に時間がすぎるだけです。 もちろん業者と同じ知識はもてなくてもよいです。少しでもリフォームで興味のもてる所を調べるだけでよいのです。

続き