• リフォーム業者の特徴

    5種類の代表的リフォーム業者

    大体の住宅リフォーム業者の種類は「工務店・大工」、「ハウスメーカー」、「リフォーム専門店」、 「専門工事業者」、「流通業者」の5種類でしょう。 工務店や大工は、前からリフォームを担当しているので、安心感があるでしょう。 ですが、他の種類の業者の参入により、シェア自体はあまりないでしょう。

    前からの業者での、通常は近代のデザインに大してそこまで精通していないケースが多くあります。 ですが、地域密着型となっているので、アフターサービスには信じられるでしょう。 更に、悪徳業者の心配もないでしょう。そういった分、コストは少し高めで設定されているケースがあります。 ハウスメーカーは、大手の会社がリフォーム専門の子会社を作成し依頼を受けている場合が多いです。

    なので、全国各所に支店、営業所があり、引っ越し先であっても同様の系統の業者に頼むことも可能です。 以前と比べ、今は地域密着型が増加し、設計や施工に関しては自社がするのに、現場では地元の 職人や工務店に頼む事が増えているみたいです。 リフォーム専門店は、最近新規参入の数リフォームの専門店の現状です。

    新規で作成されるなど、前からいろいろな分野を厚かった会社がリフォームに特化した会社になる場合もあります。 専門工事業者は、リフォームの分野毎に対する、専門職の強い業者となっています。 更に、流通業者は、ホームセンターや家具店等の住宅関連商品をつかっている場合があり、 専用窓口をつくりリフォームの依頼を受けるという形になっています。 そのような長所、短所があるので、正しく把握する必要があります。

    リフォーム業者の特徴
メインコンテンツ

リフォーム業者選別の落とし穴


最近、住宅リフォーム業者をまねした悪徳業者が増加しています。 それと比べて、悪徳業者でのリフォームで大きな損害を被った人の数も増加しています。 このような状況はあまり改善の兆しがなく、リフォームをする上で大きな障害になります。


ですが、対策はあるのです。行う前に正しくと依頼するリフォーム会社をしらべて、 更に依頼から施工の間に不審な点があるのならば、悪徳業者の罠に引っかからないでしょう。 実例を紹介します。最初は、見積り金額のチェックです。見積りが明らかに相場より安い業者は、 通常、信じるに値しないのです。


目に見えて材料の質を落とし経費を削減したり、手抜き工事をする場合が多くあるのです。 事実、そのような手口により被害にあって、工事から十年以上たってやっと騙された事に気付いたという 実例もあるのです。更に、工事費では前払いはしないほうがいいです。 通常、工事費は後払いで行うのですが、前払いだと言われる業者もあります。


こういった時、資金繰りが上手くいっていない可能性が高く、そのような業者は安心は出来ないでしょう。 もしも、リフォームの途中で潰れて逃げられてしまうのなら、大きな損害にあってしまいます。 また、 施工例の準備が出来ない会社は、信じるに値しません。 住宅リフォームは、打ち合わせの時に業者の 施工例を見せて貰い、お願いするかどうかを判断していきますが、 そういった事がないなら自 分達の実績に自信がないのでしょう。この部分からも信頼のおける業者かどうかが判断できるのです。 少しでも自身がもてないのであれば、その業者はおいておいて、別を探しましょう。