• 1業者だけでなく相見積りで比較しよう

    相見積りで比較を行おう

    住宅リフォームの見積りを業者にお願いする時、1つの業者に絞った場合、その見積りが相場と比較し 高いかの大体の判断が難しいです。ですが、通常、住宅リフォームの相場はアバウトなものです。 それは、基本的に住宅のリフォームは、今の住宅の状況により大きく必要経費や人件費が変わるからです。

    もうかなり傷んでいる住宅を改築する時と、まだ使える性能の設備がある状態で改築するのでは、 同様の価格という訳にはいかないのです。 なので、相場はあくまでも標準の条件下での平均的な必要費であり、 場合ではそれより大きくずれても適正価格であるという場合は多くあります。

    ですが、そういった相場を基準とせず、適正価格を調べる方法があるのです。方法は、相見積りです。 相見積りは、複数の業者で見積りを依頼することの事です。 なので、全く同様の条件で、複数の業者の見積りを比べる事が可能となっています。 これをしたら、どこの会社が安く住宅をリフォームしてくれるのか簡単に明確になるのです。

    ですが、複数の会社に見積りをお願いする事は、同じ時期に最低でも1つ以上の会社に断りを入れなければなりません。 更に、相見積りはあくまでも同一のサービス、同一の製品に対して有効な手段なので、 デザインやプランニングでは実際の基準が存在しないので、価格の比較は可能でも価値の比較は難しいです。

    相見積りで比較を行おう
メインコンテンツ

見積書の見方


相見積りを依頼し、見積書を比較する時、注視する点は大体明確となっています。最初に、価格を比べましょう。 住宅リフォームの合計額を比較して、どこの会社が1番安くしているかを見てみる事が必要です。 ですが、相見積りの時、どの会社も契約していない状態で出してもらう時もあれば、既に契約を終わらせて、 価格の妥当性を図る目的で他のリフォーム業者に見積りを出してもらう時もあるでしょう。


なので、契約した状態での見積もりの場合はもしも他の業者が安かったとしても、そこへ乗り換える事は難しく、 可能ならば価格を比べるのは早期のうちに行う必要があります。 更に比較すべきなのは、リフォームの目的をちゃんと分かってもらっているかということです。


見積りでは、大体が価格のみに目がいってしまいますが、実はそれ以上に大切なのは、 今から変わっていく住宅が自分の理想にどれほど近いかということでしょう。 どれほど安くても、リフォーム前と変化しない、またはリフォーム前よりすみづらい住宅になっていたら、元も子もないでしょう。


どこの会社が、自分達がリフォームの目的を分かってくれているかは、仕上がりに影響します。 こういった事も正しくチェックが必要です。見積書に提示されるのは、大体図面や仕様書、 更に工事費の内訳でしょう。 大体の人は専門家じゃないので、細かい場所までは理解に苦 しむかと思いますが、親切さは理解出来るでしょう。 見積書がゴチャ ゴチャしていて見にくいのなら、通常あまり消費者の事を思っていないでしょう。 細かい場所などよくわかりにくいところは、しっかりと理解するまで質問して理解しておかないと リフォーム像とズレてくることがあります。もちろん完璧に行くことは少ないですが、なるべく理想と 同じようにしたいですよね。

見積書の見方