• トラブルを避けるために契約書の確認は重要です

    見積りのチェックが終了した後は待ちに待った契約を残す時でも、注意が必要なことは沢山あります。 最初に大切なのは、工事内容の契約書を作る事です。もっとも重要となるのは、修理等の小さな住宅リフォームでしょう。 このようなリフォームをする時、よく地元の工務店等にお願いする事が多く、顔見知りの時は口約束で契約してしまいます。

    だけど、このようなケースがトラブルに発展するでしょう。口約束での契約ほど、危険性が高いものはないです。 そして、もしも施工が適当だったり、自分の意図するものとは異なった仕上がりになったりしてしまった時、 契約書があればやり直しや賠償金の請求が可能です。

    ですが、契約内容にそういった事項が盛り込まれている場合ですが、多少全く何もなしという事はないでしょう。 ですが、口約束の時は、法的な保障がないので、もしも満足のいかないリフォームの場合でも、それを納得するしか ないでしょう。住宅は障害、または人生そのものの生活基盤となるでしょう。

    そういったものが、契約書を交わさなかったというだけで台無しになるのは、とてももったいないということです。 更に、契約書を作る時も、チェックが大切です。 契約内容での、堅い文章が長く並んで居るので、読みたがらない人が沢山居ます。 ですが、実際しっかり確認すれば、のちに後悔は少ないでしょう。それには契約約款は大切です。

    契約書の確認は重要
    契約書の確認は重要
メインコンテンツ

契約約款のチェック点


契約約款は、契約書でももっとも注意しチェックが必要な物です。 住宅リフォームの契約では、1番大切な部分でしょう。 そして、チェック部分を見ていきましょう。最初に、工事の変更です。 工事の変更は、リフォームで、たまにあるのです。


ですが、これにより工期が延びた場合の協議は、通常依頼人と会社が話し合いをします。 そのような内容をちゃんと記載しているかといったことの確認が必要です。 上記の様な場合の工期延長の時、日程も大切ですが代金の変更の可能性もあります。 仮に、初期の見積りから追加される場合は、時により用意が難しいこともあるでしょう。


そのような事態にならないよう、代金はどのような時に変更が出来るかということを最初に決めなくてはなりません。 契約約款は、代金を変える事がどのような時のみ許されるかといった記載がされているので、確認が必要です。 工事が遅延した時、目に見えて業者側の原因の時は遅延損害金をもらえるでしょう。 ですが、契約約款の確認が必要がなので、最初にチェックすることが大切です。


更に1番大切なのは、瑕疵担保責任とトラブル解決する方法です。 前者は、施工終了後 に欠陥があったとき、どういった保証をするかといった内容のものです。 後者はトラブルが起こった時、 どういった期間に仲裁をするかということです。 どちらも住宅リフォームではとても大切な事なので、記載が あるか、どのような内容の確認が重要です。知らなかったでは済まない問題です。知らない方が悪い、となり ますのでしっかり知識を身に付けましょう。