v
  • 契約前に確認しておくべき見落としがちな点

    見積書をチェックして、打ち合わせをして、問題がないと思った時には、会社と契約をします。 ですが、こういった契約はとても慎重にする必要があります。 1度契約してしまったら、それを破棄するのはとても難しいです。 簡単に契約をするのではなく、落ち着いてチェックすべき項目をちゃんとみて、チェックが必要です。

    住宅リフォームをする上で大切な確認は沢山ありますが、見落としてしまうのがアフターメンテナンスや保証制度でしょう。 事実、施工が終わって、リフォームが終わった時は、そこまで使い勝手が分からないでしょう。 数ヶ月、または1年の期間利用して、やっと見えてくるものもあるのです。 そういったものが見えてきた時に業者に指摘をしても、その時には我関しないといった会社は、避けましょう。

    その為に、最低、構造部分では5年程度の保証が可能な会社を選択しましょう。 アフターケアがちゃんとしてない会社は、往々で施工も手抜きで行うケースがあるので、 絶対にチェックが必要でしょう。更に、住宅リフォームでのトラブルになってしまうことが多くあるのは、強引な契約でしょう。

    依頼者が依頼するかはっきりしていないのに、気づかぬうちに契約を交わされていたというトラブルが多くあります。 強引な契約はクーリングオフと一緒ですが、こういったものは8日以内でなければなりません。 悪徳業者を避けるためにも、契約前、または契約直後に慎重な確認が必要です。

    契約前に確認しておく事
    契約前に確認しておく事
メインコンテンツ

施工中に注意する事


正しい確認も終わって契約を済ませ、工事が始まったら、あとはリフォーム業者に全てお任せ、となってしまいます。 ですが、実際は施工中にする事があります。 最初は、施工が開始する時には、周りの物品の保護が必要になります。 工事中は、業者が勝手に物を動かす事があります。そういった時、大事な物を工事をする場所に置いてしまっていたら、 リフォーム完了になった時に置き場所が分からない時が多々あります。


必要品は最初に別の場所への移動が望ましいです。 更に、施工中は家の前にたくさんの車が駐車するのです。これが根源で近所でトラブルになる場合も多くあります。 住宅リフォームの時、一軒家で土地も広かったらいいのですが、そうじゃない時は大掛かりな 工事の時に多数の車両が密集する事となるのです。


そのような時は、最初に近所の人に住宅リフォームをすることを伝える必要があります。前に挨拶があるのとないのとでは とても異なるでしょう。 優良なリフォーム会社の時は、率先し会社の人が行ってくれますが、可能なら自らも行動するのがいいでしょう。


施工中は、現場をウロウロすると邪魔になりますが、大体の進捗状況やリフォームの 状態を自分の目で 確認しなければなりません。どれほど打ち合わせを綿密にしても、気持ちが伝わら ず自分が創造した形にならないという 場合はあるのです。その危険を防ぐために、眼を光らせておく必要 があります。相手が手を抜く、というわけではありませんが、あなた本人ではありませんので、勘違いが 起こる事もあるのです。

施工中に注意する事